三菱UFJ国際投信のインデックスファンド・シリーズ eMAXIS(イーマクシス)

HOME > eMAXIS > eMAXISについて(初めての方へ) > (新)eMAXISではじめるリート投資
ホーム >

eMAXISではじめるリート投資

低金利のいま考えてみよう

日本では日銀のマイナス金利が導入されて、預貯金や定期預金の金利もさらに下がってしまったわね。海外はどうなのかしら?

例えば主要国の10年国債の利回りを比較してみると、下のグラフのように日本に比べるとまだ高いものの、2016年5月末時点では海外の利回りも以前と比べると低い水準にあるのよ。

各国の10年国債利回りの推移

出所)Bloombergのデータを基に三菱UFJ国際投信作成

※上記グラフはあくまでも過去の実績であり、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

海外はもっと利回りが高いイメージがあったけど、ちょっと前のことみたいね。
日本の10年国債の利回りは、マイナスになっているわ。(2016年5月末時点)
今のような環境で、何か着目できそうな投資先はないかしら?

金利が低い水準にあるってことは、お金を預けるほうは今までより受け取る利息が少なくなってしまうけど、お金を借りるときの金利も低くなるのよ。
リスクが高くなるけど、そのような点に注目すると、「リート」も選択肢のひとつになるわ。

 
「リート」?
 

リートは不動産投資信託証券のこと。例えばマンションやショッピングセンターなど大型物件を複数保有していて、それらの購入資金を借り入れている場合が多いのよ。日本や米国等の主要国では、リートの負債比率は各国市場全体の平均では40%を超えているので、その点でみると、金利が低いほうが有利よね。

※負債比率=総債務/総資産比率(パーセント表示)

 
なるほど。
 

ただ、リートは金利水準だけでなく、景気動向などによってリートの主な収入源である賃料やリート価格も変動するので注意が必要ね。
次で、リートの仕組みから説明するわね。

リートとは?

リートとは不動産投資信託証券のことで、不動産投資法人の投資証券または不動産投資信託の受益証券をいいます。
多数の投資家から資金を集めて不動産を所有、管理、運営し、そこから生じる賃貸料収入や売却益を投資家に分配する商品です。分配金の原資は主に多数の物件からの賃貸料収入などです。

リートとは

リートを活用した投資のメリット

リートを活用した投資のメリット

  • ※上記は主なメリット・デメリットであり、これらに限定されるものではありません。

リートを保有することで、ホテルやオフィス等に少額から実質的に投資できて、間接的に賃貸料収入が期待できるのね。不動産のプチオーナーになったような気分!

リート価格は、私たちの生活に身近なところで考えると、下の表のように景気や物価、金利などの影響によって変動するのよ。
例えば、リートを運営する投資法人は資金調達をするうえで、金融機関から借入れを行っているので、金利が下落すると支払い利息の減少を通じて収益拡大につながることが期待できるのよ。
足元のような長期金利の低下は、リートにとって追い風になりそうね。

リート価格に与える変動要因

  • ※リート価格に与える変動要因には、価格変動リスク、為替変動リスク(外貨建資産の場合)、信用リスク、流動性リスク、カントリーリスク(新興国リートの場合)等があり、上記に限定されるものではありません。
    また、一般的な傾向を表したものであり、この通りにはならない場合があります。

拡大する世界のリート市場

リート制度の導入時期が最も古く、銘柄数も多い米国以外にもリート導入国・地域は増えており、また緩やかな経済成長を背景に世界全体としてリートの市場規模は拡大を続けています。

世界のリート市場の時価総額の推移

出所:S&Pのデータより三菱UFJ国際投信作成 

  • ※S&PグローバルREITインデックス(米ドル建)
  • ※時価総額推移は、S&PグローバルREITインデックス(米ドル建)を基に日次のドル円レートで円換算
  • ※上記グラフはあくまでも過去の実績であり、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

主要業種(セクター)の特徴

リートには様々な業種があり、各々の用途に応じて景気変動の影響を受ける度合いも変わります。


リート世界地図

地図上のピンをクリックして、各国のリート基本データをみてみよう!

※2016年3月末、S&PグローバルREITインデックス(米ドル建)時価総額上位10ヶ国・地域を記載

  • 英国
  • 香港
  • 日本
  • オーストラリア
  • カナダ
  • 米国
  • シンガポール
  • 南アフリカ
  • メキシコ
  • フランス
 
×
英国
制度導入年 :2007年
時価総額 :7.4兆円
銘柄数 :21
利回り :3.44%
 
×
香港
制度導入年 :2003年
時価総額 :2.57兆円
銘柄数 :9
利回り :5.02%
 
×
日本
制度導入年 :2000年
時価総額 :11.64兆円
銘柄数 :49
利回り :3.18%
 
×
オーストラリア
制度導入年 :1971年
時価総額 :10.64兆円
銘柄数 :29
利回り :4.75%
 
×
カナダ
制度導入年 :1994年
時価総額 :4.62兆円
銘柄数 :29
利回り :5.95%
 
×
米国
制度導入年 :1960年
時価総額 :89.7兆円
銘柄数 :155
利回り :4.32%
 
×
シンガポール
制度導入年 :1999年
時価総額 :5.06兆円
銘柄数 :30
利回り :6.27%
 
×
南アフリカ
制度導入年 :1969年
時価総額 :1.93兆円
銘柄数 :11
利回り :6.26%
 
×
メキシコ
制度導入年 :2004年
時価総額 :1.68兆円
銘柄数 :8
利回り :4.57%
 
×
フランス
制度導入年 :2003年
時価総額 :7.94兆円
銘柄数 :10
利回り :3.98%

出所)S&Pのデータより三菱UFJ国際投信作成 

  • ※ S&PグローバルREITインデックス(米ドル建)全23ヵ国・地域を基に作成、2016年3月末基準、時価総額は1米ドル=112.68円で円換算
  • ※リート配当利回りは、S&PグローバルREITインデックスの各国・地域の構成銘柄の配当利回りを基に三菱UFJ国際投信が算出しています。
    リート配当利回りは、2016年3月末基準のものであり保証されているものではありません。

eMAXISシリーズ リートラインナップのポイント

eMAXISシリーズ リートラインナップのポイント

eMAXISシリーズのリートに投資する際のあなたのニーズは?

  • ※すべてのお客さまがこれらのタイプ別にあてはまるわけではありません。
    ご自身の状況に近いタイプをご参照ください。

eMAXISシリーズのリートラインナップには国別・地域別にリートのラインナップが6本あるから、為替リスクの有無やどの国・地域に投資をしたいかなどの、ニーズによって選べるわね。
過去の、リスクやリターンなど6本のリートファンドを比較できる機能もあるのよ。
ご検討の際には、ぜひお試ししてくださいね。

イメージ図

ページトップへ

販売会社

■銀行

愛知銀行 あおぞら銀行 青森銀行 足利銀行 阿波銀行 イオン銀行 大分銀行 北九州銀行 紀陽銀行 きらぼし銀行 熊本銀行 佐賀銀行 山陰合同銀行 滋賀銀行 四国銀行 静岡銀行 ジャパンネット銀行 十六銀行 荘内銀行 常陽銀行 親和銀行 ソニー銀行 第四銀行 千葉銀行 中国銀行 東邦銀行 名古屋銀行 南都銀行 八十二銀行 百五銀行 百十四銀行 広島銀行 福岡銀行 福島銀行 北都銀行 北陸銀行 北海道銀行 三重銀行 三菱UFJ銀行 三菱UFJ信託銀行(インターネット専用) 宮崎銀行 武蔵野銀行 もみじ銀行 山形銀行 山口銀行 山梨中央銀行 ゆうちょ銀行 横浜銀行 琉球銀行

■証券会社・その他

岩井コスモ証券 エース証券 SMBC日興証券(ダイレクトコース) SBI証券 FFG証券 岡三オンライン証券 岡三証券 沖縄県労働金庫 カブドットコム証券 九州労働金庫 近畿労働金庫 ぐんぎん証券 GMOクリック証券 四国労働金庫 静岡県労働金庫 証券ジャパン 第四証券 大万証券 高木証券 立花証券(タチバナストックハウス) ちばぎん証券 中央労働金庫 中銀証券 中国労働金庫 東海東京証券 東海労働金庫 東北労働金庫 東洋証券 長野県労働金庫 新潟県労働金庫 西日本シティTT証券 野村證券(野村ネット&コール) 浜銀TT証券 ひろぎん証券 フィデリティ証券 ほくほくTT証券 北陸労働金庫 北海道労働金庫 松井証券 マネックス証券 丸三証券 三菱UFJ国際投信 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 水戸証券 楽天証券

販売会社によりお取扱い内容が異なる場合があります。詳しくは販売会社のホームページ等でご確認ください。

Copyright