三菱UFJ国際投信のインデックスファンド・シリーズ eMAXIS(イーマクシス)

HOME > eMAXIS > eMAXISについて(初めての方へ) > (新)eMAXIS バランスとは?
ホーム >

eMAXIS バランスとは?

このような悩みをお持ちのお客さまに…

最近投資を始められた方やこれから投資をやってみようというお客さま、
このようなお悩みはないですか?

このようなお悩みをお持ちのお客さまに…

このような悩みがあるお客さまにご提案したいのが、
eMAXIS バランス」です!

  • *eMAXIS 債券バランス(2資産均等型)、eMAXIS バランス(4資産均等型)、eMAXIS バランス(8資産均等型)、eMAXIS バランス(波乗り型)をeMAXIS バランスと称することがあります。
    また、eMAXIS 債券バランス(2資産均等型)を債券バランス(2資産均等型)、eMAXIS バランス(4資産均等型)を4資産均等型、eMAXIS バランス(8資産均等型)を8資産均等型、eMAXIS バランス(波乗り型)を波乗り型と称することがあります。
eMAXIS 債券バランス(2資産均等型)について

債券バランス(2資産均等型)

基本投資割合

国内債券と為替リスクを回避したヘッジ付先進国債券とを半々ずつ投資するファンドです。
株式や為替リスクを低減し、他のeMAXIS バランスよりもリスクの源泉を少なくしています。

eMAXIS バランス(4資産均等型)について

4資産均等型

基本投資割合

新興国やリートを除く国内外の4資産に均等に投資をするベーシックなバランスファンドです。
バランス(4資産均等型)をベースに他のインデックスファンドを加えて保有するなど使い方は自由自在。

eMAXIS バランス(8資産均等型)について

8資産均等型

8資産均等型

幅広い資産に均等に分配投資

日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券(リート)の計8資産に均等に投資するファンドです。8資産均等投資ですから、わかりやすくてシンプルであることが特徴です。

基本投資割合と通貨別構成比

  • ・比率は組入株式・債券等現物評価額に対する割合です。
  • ・ETF(上場投資信託)は取引所の通貨で計算しています。
eMAXIS バランス(波乗り型)について

波乗り型

波乗り型

市場動向の「波に乗る」戦略を採用

ポートフォリオの70%を上記8資産へ分散投資する一方で、残り30%は「トレンドフォロー戦略」による運用を行います。これは国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券の4資産のうち、直近で最も良いパフォーマンスだった資産を一定の比率ずつ組み入れるというものです。市場動向の「波に乗る」戦略と言えます。

ワンポイントチェックその1 市場動向の「波に乗る」戦略とは?

株式市況を伝えるテレビや新聞などで「連日の高値更新」という言葉を聞いたことはないでしょうか。これはある銘柄に注目が集まって株価が上昇基調にあることを意味しています。

このように、市場動向を見ていると、ある程度の期間にわたって一定のトレンドを形成する場面に遭遇します。波乗り型はこの「トレンド」に注目したファンドです。つまり、「直近で良好なパフォーマンスを示した資産は、その後もしばらくの間、良好なパフォーマンスを持続する傾向にある」という仮定に立って資産を組み入れていくわけです。

「波乗り型」の運用方法の全貌を公開!

STEP1
トレンドフォロー戦略:30%部分の内訳
トレンドフォロー戦略:30%部分の内訳
STEP2
資産の入れ替え方法
資産の入れ替え方法

資産の入れ替えがユニット25まで一巡した後は、再度ユニット1へ戻ります。
つまり、それぞれのユニットは25営業日ごとに資産が入れ替わることになります。
※騰落率の算出結果によっては入れ替えが行われない場合があります。

ワンポイントチェックその2 ユニット構成をみれば市況を予測できる?

各ユニットへ組み入れられる資産は、過去25営業日のパフォーマンスが最も良く、組み入れ後もその傾向が続くことが期待される資産です。仮にユニットの大半を国内株式が占めた場合、波乗り型モデルは国内株式に対してポジティブな見方をしている、といえます。

一方、ユニットの資産構成に大きな偏りがなくバラバラに組み入れられている場合、相場の方向感が定まらない状態が続くことを示唆している、とも見ることができます。

ただし、上記の市場動向に関する予測は、あくまで波乗り型モデルの特徴から導き出されたものであり、将来の運用状況・成果等を保証するものではないことに注意が必要です。

STEP3
入れ替え後のポートフォリオ(イメージ)

入れ替え後のポートフォリオ(イメージ)

毎営業日1ユニットずつ資産の入れ替えを行うことにより、ポートフォリオは機動的に変化していきます。
※騰落率の算出結果によっては入れ替えが行われない場合があります。

  • ※上記はトレンドフォロー戦略の基本的なプロセスとイメージを示したものであり、実際の運用においては資産の時価変動の影響によって生じる組入比率の変化の調節と合わせて資産の入れ替えを行います。
  • ※各市場の休業日や市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。
  • ※本戦略は、各資産の過去の騰落率をもとに投資判断を行いますが、将来の運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。

eMAXIS バランス(4資産均等型・8資産均等型・波乗り型)なら難しい資産の選択や資産構成の見直しといったメンテナンスの必要がなくお任せできますね。
また債券バランス(2資産均等型)はリスクの源泉が少ないので「投資のはじめの一歩」としてご検討いただけるファンドのひとつではないでしょうか。

バランスファンドは1番にはなれない!?

数ある投資対象の中からファンドを選ぶのは難しいですよね。

資産ごとに過去の投資成果を見ても、去年は下位にあったものが
今年は1位になるなど、順位はバラバラです。
「去年の成績が良かったから今年も…」という考え方は、投資の世界では難しいのかもしれません。

各資産に8資産均等、4資産均等、2資産均等投資をした場合、上記期間では1位になることはありませんでしたが、最下位になることも一度もありませんでした。

なぜ、このような結果になったかと言うと、値動きが異なる資産を組み合わせて投資をすることによって値動きが下のグラフのようにゆるやかになるからです。

本ページで使用している指数について

国内株式:東証株価指数(TOPIX)、国内債券:NOMURA-BPI総合、国内REIT:東証REIT指数(配当込み)、先進国株式:MSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)(円換算ベース)、先進国債券:FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)、先進国REIT:S&P先進国REITインデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)、新興国株式:MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)、新興国債券:JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース)、ヘッジ付先進国債券:FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ヘッジ・円ベース)
本ページ中の指数等の知的所有権、その他一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。また、発行者および許諾者が指数等の正確性、完全性を保証するものではありません。各指数等に関する免責事項等については、委託会社のホームページ(https://www.am.mufg.jp/other/disclaimer.html)を合わせてご確認ください。

毎年どれが1位になるのかを予測するのは難しいですし、資産の入れ替えを頻繁に行うとコストもかかります。

世界のさまざまな資産に投資するeMAXIS バランスなら、日々の市場動向にドキドキせず、比較的安定した値動きを目指すことができますね。

NISAとの相性がいいファンドってあるの?

2014年1月にスタートしたNISA
もう一度、この制度のポイントをおさらいしてみましょう。

NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)とは?

NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)とは?

  • *1 銀行等の販売会社では上場株式等を取り扱っていない場合がありますので、ご注意ください。(2018年4月時点)
  • *2 2016年1月より非課税枠が100万円→120万円に拡大

「NISA、ジュニアNISAおよびつみたてNISA」をご利用の場合

ここで再度ご確認いただきたいのが、
「NISAの非課税メリットが受けられるのは利益が出たときだけ」
ということです。

これから投資を始めてみようという方は、
最初から大きな利益を追求するのではなく、
まずはリスク(値動きのブレ幅)を抑えながら、投資をスタートすることを検討してみてはいかがでしょうか?

各資産と「4資産・8資産均等」の値動きを比較すると株式やリートだけを保有するよりも
値動きのブレ幅が小さいことが分かります。

各資産の過去の年間リターン(最大値/平均リターン/最小値)

本ページで使用している指数について

国内株式:東証株価指数(TOPIX)、国内債券:NOMURA-BPI総合、国内REIT:東証REIT指数(配当込み)、先進国株式:MSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)(円換算ベース)、先進国債券:FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)、先進国REIT:S&P先進国REITインデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)、新興国株式:MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)、新興国債券:JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース)、ヘッジ付先進国債券:FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ヘッジ・円ベース)
本ページ中の指数等の知的所有権、その他一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。また、発行者および許諾者が指数等の正確性、完全性を保証するものではありません。各指数等に関する免責事項等については、委託会社のホームページ(https://www.am.mufg.jp/other/disclaimer.html)を合わせてご確認ください。

ちなみに、NISA枠を使って購入した商品は、売却すると売却した分の枠は再利用することができません。

投資環境に合わせて商品を売買するとその枠はもう使えなくなってしまいますが、投資環境に合わせてファンドの中でリバランス(市況の変動により変化した投資配分の比率を調整すること)を行うバランス型ファンドであれば、NISAの投資枠を無駄にすることなく投資ができます。

また、eMAIXSバランスなら、運用コストが業界のバランスファンドより相対的に低く、NISAを利用して中長期投資をする場合にも向いてますね。

リバランスとは?

市況の変動により変化した構成割合をファンド内で修正することです。

リバランスのイメージ図

黄色の矢印のところでリバランスを行います。

つまり、市況の変化により投資配分が増えた日本株式を売却し、その分で国内債券を購入します。資産構成を、当初の基本投資割合に戻すことで、想定以上のリスクを取るということを防ぎます。

バランスファンドなら、このような資産構成の調整をファンドに任せることができます。

バランスファンドはNISAの仕組み(売却した分は再利用できない等)にも合った商品なんですね。

ワンポイントQ&A

自分自身で複数の資産にそれぞれ均等に投資をした場合と、eMAXIS バランスを保有するのと何が違いますか?

投資をスタートした当初は投資配分はどちらも同じであっても、株価が上がったり円高になったりなど日々の市況の変化により当初の投資配分から異なってしまいます。

eMAXIS バランスであればリバランスをして当初の投資配分に戻しますが、個々のファンドに投資をした場合は、時間とともに投資配分が当初のものと異なり、想定以上のリスクを取ってしまったり、その逆もありえます。
ただし、eMAIXSバランス(波乗り型)の一部投資資産にあたっては、一定の割合の範囲で機動的に資金を配分します。

そういったメンテナンスを任せたいという場合は、eMAXIS バランスのほうがいいかもしれませんね。

頻繁にリバランスをするとコストがかかりませんか?

各ファンドの基本投資割合からある程度の乖離があった場合にリバランスをするほか、日々の設定や換金などに伴うキャッシュフローを活用して調整を行っています。

また、ファミリーファンド方式で運用して売買コストができるだけかからないようにしています。

相場を見ながらファンドを売買したい場合には、バランスファンドは向いていませんか?

バランスファンドは複数の資産で構成されており、様々なマーケットの要因で値動きするので特定の相場を見ながら短期的に売買するには向いていないかもしれません。

ただ、「安定性」や「リバランスをしてくれる」というバランスファンドの特徴を踏まえると、資産配分を想定したポートフォリオの「コア」(中心)としてバランスファンドを長期保有し、その時々で「旬なテーマに投資したい。」、「日本株に期待が持てそうだから短期で投資したい。」という場合は、他のファンドを「サテライト」として保有するというように、お金に色分けをして組み合わせて保有してもいいですね。

例えば、下のイメージ図のようにeMAXIS バランス(4資産均等型)を資産運用のベースにして、その他のインデックスファンドを加えて保有するという方法もありますね。
※ただし、NISAにおいては短期の売買を想定した制度ではなく、その頻度によっては比率の調整が難しくなることもあるのでご注意ください。

4資産均等型

「長期投資」をするとどのような効果が得られますか?

一般的に短期間保有するよりは長期間保有する方が、収益率が平準化され、年率換算した収益率は安定します。
国内株式、先進国株式、国内債券、先進国債券を1/4ずつ10年間継続して分散投資した場合、当期間では約9割の確率でリターン(年率換算)がプラスになりました。
※ただし、時期により必ずしもそのようにならない場合があります。

継続投資

積立投資をするとどのような効果が得られますか?

最安値で購入して、最高値で売却するタイミングを見極めるのは至難の技です。一定額を自動的に購入することで高値掴みを避け、購入時期を分散することで、時間分散の効果が得られ、購入単価を平準化することができます。
また、積立投資のメリットとして
①少額から投資をスタートできる
②自動引き落としで手間がかからない
③時間分散でドル・コスト平均法の効果を享受できる
ことが挙げられます。
※ドル・コスト平均法とは、購入単価が高いときには少ない口数を購入し、低いときには多くの口数を購入できるので、結果として平均購入単価を平準化することです。

4資産均等(国内株式、先進国株式、国内債券、先進国債券に1/4ずつ均等投資)に毎月一定額ずつ積立投資をした場合のシミュレーション

本ページで使用している指数について

国内株式:東証株価指数(TOPIX)、国内債券:NOMURA-BPI総合、国内REIT:東証REIT指数(配当込み)、先進国株式:MSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)(円換算ベース)、先進国債券:FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)、先進国REIT:S&P先進国REITインデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)、新興国株式:MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)、新興国債券:JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース)、ヘッジ付先進国債券:FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ヘッジ・円ベース)
本ページ中の指数等の知的所有権、その他一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。また、発行者および許諾者が指数等の正確性、完全性を保証するものではありません。各指数等に関する免責事項等については、委託会社のホームページ(https://www.am.mufg.jp/other/disclaimer.html)を合わせてご確認ください。

【eMAXIS 債券バランス(2資産均等型)の投資リスクとファンドに係る費用について】

【eMAXIS バランス(4資産均等型)の投資リスクとファンドに係る費用について】

【eMAXIS バランス(8資産均等型)の投資リスクとファンドに係る費用について】

【eMAXIS バランス(波乗り型)の投資リスクとファンドに係る費用について】

ページトップへ

販売会社

■銀行

愛知銀行 あおぞら銀行 青森銀行 足利銀行 阿波銀行 イオン銀行 大分銀行 北九州銀行 紀陽銀行 きらぼし銀行 熊本銀行 佐賀銀行 山陰合同銀行 滋賀銀行 四国銀行 静岡銀行 ジャパンネット銀行 十六銀行 荘内銀行 常陽銀行 親和銀行 ソニー銀行 第四銀行 千葉銀行 中国銀行 東邦銀行 名古屋銀行 南都銀行 八十二銀行 百五銀行 百十四銀行 広島銀行 福岡銀行 福島銀行 北都銀行 北陸銀行 北海道銀行 三重銀行 三菱UFJ銀行 三菱UFJ信託銀行(インターネット専用) 宮崎銀行 武蔵野銀行 もみじ銀行 山形銀行 山口銀行 山梨中央銀行 ゆうちょ銀行 横浜銀行 琉球銀行

■証券会社・その他

岩井コスモ証券 エース証券 SMBC日興証券(ダイレクトコース) SBI証券 FFG証券 岡三オンライン証券 岡三証券 沖縄県労働金庫 カブドットコム証券 九州労働金庫 近畿労働金庫 ぐんぎん証券 GMOクリック証券 四国労働金庫 静岡県労働金庫 証券ジャパン 第四証券 大万証券 高木証券 立花証券(タチバナストックハウス) ちばぎん証券 中央労働金庫 中銀証券 中国労働金庫 東海東京証券 東海労働金庫 東北労働金庫 東洋証券 長野県労働金庫 新潟県労働金庫 西日本シティTT証券 野村證券(野村ネット&コール) 浜銀TT証券 ひろぎん証券 フィデリティ証券 ほくほくTT証券 北陸労働金庫 北海道労働金庫 松井証券 マネックス証券 丸三証券 三菱UFJ国際投信 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 水戸証券 楽天証券

販売会社によりお取扱い内容が異なる場合があります。詳しくは販売会社のホームページ等でご確認ください。

Copyright